2013年10月26日

宇都宮 二荒山神社

東武宇都宮駅から徒歩10分。下野国の一宮。古くは宇都宮大明神といわれたことがある。

現在日光の二荒山神社と区別するため「宇都宮二荒山神社」といわれる。

宇都宮市は二荒山神社の門前町として発展してきた。

中世から戦国時代にかけて下野国を支配してきた宇都宮氏は二荒山神社の別当職出身である。

社殿は創建以来何度も火災によって焼失している。現在の社殿は戊辰戦争による焼失から明治10年に再建されたものである。


宇都宮市馬場通り1−1−1
posted by HIROMI at 20:24| Comment(0) | 宇都宮の宗教施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

宇都宮 カトリック松が峰教会

東武宇都宮駅から徒歩4分。

スイス人の建築家・ヒルデン氏の設計によって昭和7年に完成した大谷石で建造されたカトリックの教会。

ロマネスク様式を基調にして宇都宮特産の大谷石を外壁に使用したため重厚な雰囲気を漂わせている。

夜の21時までライトアップを実施している。

現存する大谷石の建造物としては日本最大の大きさがあり、国の登録有形文化財に指定されている。


宇都宮市松が峰1−1−5
posted by HIROMI at 21:45| Comment(0) | 宇都宮の宗教施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮 宇都宮タワー

宇都宮市の八幡山公園内にある高さ約90メートルある電波塔である。

塔の30メートルの位置には展望台がある。

東北新幹線の開業により電波障害がでる恐れが出たため昭和55年に中継局として設置された。

展望台は「日本一の地平線が観られる」展望台とされている。

塔の位置は高さ30メートルだが、塔の存在する位置が標高160メートルと高い位置にあり宇都宮市内はもちろん関東平野が一望できる。


宇都宮市塙田5−2−70

posted by HIROMI at 21:35| Comment(0) | 宇都宮 名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

宇都宮 長岡百穴古墳

JR宇都宮駅から関東バス・豊郷台入口下車徒歩20分。

長岡百穴古墳は7世紀前期ごろに造成された家族墓的な要素が強い横穴式墓群である。

長岡百穴と略称されることが多い。古墳の傾斜面に52の横穴が開いている。

古くから穴が露出した状態になっていたため埋葬品に基づく時代考証などはできないが、比較的採掘技術は高いものが認められるため古墳時代後期のものと推定されている。

あまり保存状態は良くないが県の指定史跡に指定されている。


宇都宮市長岡町550
posted by HIROMI at 23:29| Comment(0) | 宇都宮 歴史建造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

宇都宮 宇都宮城址公園

JR宇都宮駅から関東バス・宇都宮市役所下車し徒歩3分。

宇都宮城は古くより下野国を支配していた宇都宮氏の居城として築城され、江戸時代には宇都宮城の釣り天井で有名な本多正純によって大普請をほどこされ関東7名城に数えられる近代城郭になった。

しかし第二次大戦の戦火や都市整備によって城郭の建造物はほとんど失われ、本丸の土塁が残るのみになってしまった。

その後復興計画がもちあがり昭和33年に本丸公園として整備が始まる。

平成14年には「宇都宮城址公園」と名称が変更。現在でも建造物の復元がおこなわれている。


宇都宮市本丸町
posted by HIROMI at 11:00| Comment(0) | 宇都宮 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。